アトピー肌にやさしい肌着の選び方

~肌着の選び方や肌着の取り扱い方~

アトピー性皮膚炎やアレルギーの肌にやさしい肌着の選び方や肌着の取り扱い方について紹介しています。せっかく皮膚に刺激が少ない肌着を買ってもそれを合成洗剤で洗ってしまっては意味がありません。肌にやさしい洗剤も選んでみましょう。

~肌にやさしい肌着はありますよ~

アトピー対策用の肌着としていろいろな商品が販売されていますが、そのうちのいくつかをアトピッ子地球のネットワークでモニターをしてみたことがあります。結果はというと、残念ながら症状をよくするような画期的な成果は、いまのところ確認できていません。ただし、なんらかの治療を行って症状を抑えた後、再び症状をおこさないために、皮膚に無用な刺激を与えないものとして使用すると、いずれも効果が期待できます。つまり、肌にやさしいという点では評価できるといえるでしょう。なかでも、アレルゲンテスト済みのものやオーガニックコットン(無農薬有機栽培で作られた綿)は、まず安心して選べる点で優れています。また、せっかく皮膚に刺激が少ない肌着を買っても、それを合成洗剤で洗ってしまっては意味がありません。肌に優しい繊維をwラブということは、肌にやさしい洗剤を選ばねばならないということです。

~肌着の取り扱い方法~

①買ったばかりの肌着は、袖を通す前に必ず洗濯して、のりづけなどを落としておく。
②合成洗剤ではなく、粉石けんで洗濯する。柔軟材も使用しない(粉石けんなら、柔軟材を使わなくても仕上がりがやわらかい)。
③洗濯の際は、すすぎ残しがないように注意する。
④タンスの引き出しにしまうときは、防虫剤ではなく、シダー(アメリカ赤スギ)やヒノキなどの間伐材の木片(自然食ショップや生協などで入手できる)を使う。防虫剤は低毒性のものでも、引き出しに入ったままになると、高い濃度で充満し、毒性が心配されるので。

~肌にやさしい代表的な商品~

ラディッシュボーヤ
皮膚障害をおこす原因となる物質を極力少なくした”ラ・モルフェ”加工の繊維を使用し、縫製やカッティングにも工夫。(株)キムラタン
むーみん・むーみん
よもぎ、ひのきで草木染めした布に、よもぎの抽出液のマイクロカプセルを付着させたパジャマ。(株)ヘルス・プロモート
アルパック
原綿に含まれる不純物を徹底除去した綿を、ノンアレルゲンの加工材で仕上げた繊維。東洋紡績(株)
キトポリィ
植物繊維ポリノジックに天然抗菌成分キトサンを練り込んで生まれた繊維。富士紡績(株)


このエントリーをはてなブックマークに追加

~インフォメーション~

↑ PAGE TOP