アトピーの検査の種類と結果の対策

~アレルギーの検査の種類~

アトピーやアレルギーの検査の種類はどんなものがあるのか?結果の対策はどう考えるとよいのか?を解説しています。原因を探して治療方法を選択したり、検査した結果をすべてと考えないでくださいね。

~原因を探して治療方法を選択する~

検査方法は何種類もありますが、(下の表参照)、低年齢期や症状が重い場合、微量なアレルゲンを皮下注射したり、経口(けいこう)投与するなどの検査は、アナフィラキシーショック(抗原抗体反応とアレルギー反応とは?のページを参照)を想定して万全の体勢を整えたうえで行わないといけない場合もあり、いつでも、誰にでも行う検査ではありません。また、2日ほどアレルゲンのついた絆創膏のようなものを背中に貼るパッチテストは、夏場や乳幼児には実施しづらいこともあり、実施のタイミングをはかるのがたいへんなこともあります。検査は、それぞれ目的があり、長所、短所を持っています。

~検査結果をすべてと考えないで~

検査はあくまでも治療の目安に利用されるものなので、「検査で何もでなかったから大丈夫」というのは、危険な発想です。実際に症状があり、明らかに何かに反応しているけれど、検査では何も反応しなかったという場合は、生活記録や食事記録とともに体調を記録することがとても重要な役割を果たします。最低でも2週間、場合によっては数ヶ月記録をとり、専門医と話し合いながら身体の傾向を発見するのに役立てます。検査でとにかくなんでも反応があるという場合も、このような方法は有効です。


このエントリーをはてなブックマークに追加

~インフォメーション~

~インフォメーション~

~アトピーを和らげよう!~

アトピー専用衣類の洗濯洗剤

【貴陽石 恵優泉の湯】
貴陽石 恵優泉の湯とは天然鉱石、貴陽石と天然温泉水、恵優泉を組み合わせた入浴剤です

↑ PAGE TOP